ウッドストーブ購入2016年04月18日

 アウトドアグッズを新しく購入した。ウッドストーブというもの。木を燃料としたストーブなのだが、これがとても機能的にできている。空気の流れを上手に活用し、少しの木で効率的に火を燃やすことができるというものだ。
 先日アマゾンで購入。昨日、日曜日の夕方初使用。
 『つぎはぎ日本一周』に出かけられなかった分、気分だけでもアウトドア。これがなかなかよかった。
 我が家のウッドデッキで使用。

 組み立て式・・・持ち運びするのに便利。
ウッドストーブ1

 たくさん穴があいているが、これが空気の流れを作る。
 
ウッドストーブ2

 クッキー缶。これがぴったりとセットできる。(インターネットからの情報)
ウッドストーブ3

 新聞紙を数切れ、あとは木材。これで、あっという間に火がまわり、1分程度で、2次燃焼し始め火が安定する。
ウッドストーブ

ウッドストーブ2

 ヤカンをセットして5分から6分でお湯が沸騰。結構な火力。ガス式のシングルバーナーといい勝負をするかも。

ウッドストーブ4

  
ウッドストーブ5

 ただ、これは仕方がないが・・・すすがすごい。
 40分から50分で完全に灰の状態に。ふけば飛ぶくらいの量。畑にまいて終了。
ウッドストーブ6

 これだけの高性能を、1757円、送料350円を入れても2107円で手入れることができる。これはお勧め。

 動画↓


我が家の土地は?2016年04月17日

 昨日の影響で、山菜とりがしたくなった。特にタケノコ。そういえば、以前、山小屋(母親兄弟が協力してつくった)のまわりにタケノコがあったのを思い出し、父と母に聞いてみると、一緒にとりに行くことになった。
 そして、ついでに、父母と一緒に我が家の土地を確認するということもすることにした。我が家には山や畑が何か所かあるのだが、もう手入れをしておらず放置しているため、どの辺が我が家の土地なのかというのがとても分かりにくくなっていることや、私自身よくわからないので、この機会に聞いておこうと思ったのだ。

 以前は道があったらしいが、もう道は木々がおいしげりわからなくなっている。だいたい、このあたりということを確認するだけであったが、写真にも撮ったことだし、まあ、よしとしよう。

土地

土地2

 タケノコは猪にとられ、全然とれなかったが、そのかわり、わらびやふきなどをゲットして帰った。

わらび


お風呂のタイルの目地の掃除2016年03月22日

 昨日のコンクリートの掃除に気を良くして、本日は、もう一か所気になっていた場所の掃除をした。それは、お風呂のタイルの目地。黒カビが生えていて、こすってもなかなか綺麗にならなかったのだが、インターネットで調べてみると、洗濯用の漂白剤で綺麗になることが分かった。さっそく、ブリーチという漂白剤を208円で購入して、挑戦。
 ブリーチを筆につけて、目地に塗って行く。結構地道な作業。塗って行って、だんだん進んでいくうちに、最初に塗ったところが、徐々に白くなっていく。これは、思ったより効果があった。ただ、塩素系の漂白剤なので、換気に気をつけることと、他の洗浄剤と混ざらないようにしないと、危険ということがあるので、注意しながら作業を続けた。タイルがほぼ綺麗になり、ついでに、風呂の蓋のブリーチを塗って綺麗にしてみた。これも、綺麗になった。ただ、夢中になって作業をしていて、注意していたにもかかわらず、結構塩素の刺激にやられたようで、喉ががらがらになってしまった。それでも、綺麗になったお風呂。気分爽快。
お風呂掃除
安いけど、ばっちり。

筆で塗って行く
筆につけて、塗って行く。
最初はこんな感じ
最初はこんな感じ
最初

こんな感じ

それがこうなった
塗って、少しすると、こんなに綺麗に。
 
最初2
 これが
それがこうなった
 こうなる。

そして、全体も綺麗に・・・・達成感あり。
綺麗になった2

綺麗になった2

綺麗になった4
満足~。


高圧洗浄機で掃除2016年03月21日

高圧洗浄機
以前、ポイントがたまったので購入していた高圧洗浄機。試したぐらいでなかなか本格的には使わずにいたのだが、本日使ってみた。  以前プール掃除などで使っていて威力が分かっていたのだが、さすが高圧洗浄機。面白いように汚れが落ちる。これだけ落ちるとやったかいがある。最初は、ホイールを綺麗にするつもりでいたが、だんだん調子にのって、駐車場のコンクリート部分、玄関のタイルと、広がって行った。あ~すっきりした。  しかし、以前ウッドデッキの修理のときに、滑って防腐防虫処理用の塗料で汚してしまった家の外壁の部分に使用してみたが、ここだけは、なかなか綺麗にならなかった。残念。  コンクリート部分の洗浄を動画撮影してみた。

ウッドデッキ修理2016年02月11日

 ウッドデッキをつくって12年。毎年、ちょっとずつ修理をしながらだけれど、現在も使用している。
 使用といっても、以前のように、子どもたちとバーベキューをしたりという使い方ではなく、ひなたぼっこしながらコーヒーを飲んだりというちょっとした感じではあるが・・・。そんなウッドデッキ、修理をしないとやばい個所が出てきた。収納スペースの上の蓋の部分が朽ち始めた。上に乗ると、ふわふわする感じがあり、このままでは折れる可能性がでてきたのだ。
 最初は、片方だけのつもりだったが、もう片方もあまり状態がよくないので、両方とも新しく作りかえた。ついでに、防腐、防虫塗装を全体にもした。ただ、塗っている途中に、足をすべらせて、べちゃっと、壁に塗装がついてしまった。あわてて、雑巾などで拭いたのだが、やはり、少しあとが残ってしまった。周りがしっかり乾いてから、高圧洗浄機で落とそうと思うが、はたしてうまくいくか?
ウッドデッキ修理1
やばい・・・こんな部分が・・・。
ウッドデッキ修理2
蓋全体が、ふわふわした感じに。
ウッドデッキ修理3
裏を見ると、すでに、折れかかっている。
ウッドデッキ修理4
ツーバイフォー材を購入してきて、さっそく修理。
ウッドデッキ修理5
塗装をし、乾かしている間に、他の部分も塗装。
ウッドデッキ修理6
足を滑らせて・・・・やってしまった~。
ウッドデッキ修理7
全面を塗装してとりあえずは、本日の修理終了。