公開研究会参加2017年02月12日

 若いころ、一緒にサークルをして、勉強していたT校長の学校が公開研究会をするというので、金曜日から参加。土曜日は、T校長の退職の講演会とお祝いの会も行った。詳しくはいずれ、紹介するとして、とにかく、美しいものを見せてもらったという感想。教師と子どもが同じぐらいの勢いで、一つのことを追い求めている姿、本当にいいなあと思った。その姿を導き出したT校長には、本当に頭がさがる。T校長の講演会やお祝いの会の中で出てきた言葉で印象に残ったもの。
「指示・命令でおしつけたら、反発する。」
「子どもたち、先生たちが自らやりたくなるように導いていく」
「よいもの、本物を見せ感動させていく」
「子どもたちのちょっとしたしぐさ、行動、姿に感動し、そのことを伝える」

今の自分を振り返って・・・・・反省。

 ちょうど、木曜日の夜から大雪。研究会は金曜日に安来であったので、益田から朝出ると、きっと雪のため大渋滞になると思い、自転車の旅同様、木曜日の夜でて、車中泊をし、金曜日に研究会に参加した。これが大正解。安来は道路などが真っ白になり、のろのろ運転だった。金曜日、土曜日、日曜日も雪、雪、雪。松江に宿泊したのだが、松江は幸い20センチぐらいだったので、車での移動はなんとかなった。でも、土曜日から日曜日にかけては、安来や米子は相当降ったらしい。日曜日の昼に益田に帰ったのだが、雪はまったく積もっておらず、同じ島根県なのに、こんなにも違うのか、と改めて驚いている。

 雪の松江(本日の朝)
松江1
 国宝松江城
松江2
 町の中も真っ白
松江3
 雪の松江城

 宍道湖(本日の帰り)
宍道湖
 遠くの山にも雪が積もっている
宍道湖2

 江津の風力発電(ここも雪は積もっていない)
江津

 益田(本日の昼)
益田
 益田は、このとおり、まったく積もっていない。別世界。
  
※ お知らせ
 近いうちに、ブログを引っ越す予定にしています。現在平行して、UP中。
 新しいブログをお気に入りに入れていただけるとうれしいです。

半島巡り 向津具半島2017年02月04日

 今週末は、土曜日は天気がよく、日曜日は崩れるということだったので、金曜日の夜出発して、土曜日に自転車を堪能するパターン。今回の場所は、ちょっと近場の向津具半島。(むかつくはんとうと読むらしい・・・おもしろい)この半島は、油谷湾を囲んでいる半島。以前、青海島や元乃隅稲成神社に行ったときに、この半島も行こうかと思ったのだが、時間がきつかったので、まだ行っていない場所だ。
 早朝出発でもよかったのだが、非日常感を楽しみたいという理由から、車中泊を選択。キャンプをする気分で、これがいいんだなぁ。まあ、ただ、寝るだけだけど・・・・。
 車中泊は、油谷の運動公園の駐車場を拝借。夜はだれもおらず、ちょっとさびしいけれど、トイレがあるのでよしとしよう。
 朝食は、昨夜半額で購入した恵方巻。ボリュームがある。
1

2
  スタート。
3
 太陽も出てきた。気持ちいい。
4
 特徴的な橋。水道管を渡している橋?
6
 風力発電がたくさん・・・
7
 大浜海水浴場。誰もいないかと思っていたら、サーファーが数名。さすがサーファー。
川尻
 川尻の町。いい雰囲気。
9
 川尻岬へ向かう道。結構な激坂。
10
 日吉神社にお参り。
川尻岬1
 川尻岬。思った以上に素敵なところだった。
川尻岬2
 灯台に向かう道。自転車は通れないけれど、徒歩で行ってみることにした。
川尻岬3
 途中の遊歩道から見える、この雄大な景色。いや~こういう景色に出会えるから旅はいい。
灯台
 灯台は思ったより小さい。
 川尻岬をあとにして、次へ向かう。その時、チェーンに違和感が・・・そう思った瞬間空回り。よく見ると、チェーンが切れているではないか。ショック!ただ、ワンタッチのチェーン連結器を予備で持っていたので、事なきを得た。すぐに復活し、俵島へ向かう。予備というのは本当に大切だ。
小さな神社
 雰囲気のいい、小さな神社。
俵島1
 俵島。ここの景色もすばらしい。
俵島2
 俵島の向こうは、角島大橋が小さく見える。
楊貴妃
 次に向かったのは楊貴妃の里。なぜ、ここに楊貴妃が?と思って、解説を読んでみると、この地に、楊貴妃が逃げてきたという言い伝えが江戸時代の書物の中に出ているらしい。そう言われると、作り話だとしても、なんだかありがたみが出てくるから不思議。
楊貴妃の里2
 ここで、福岡から来た方と意気投合。この方は、写真が趣味のようで、車中泊仕様の車で一人旅し、いろいろなところの写真を撮ってまわっているらしい。三隅の大平桜や、津和野にSLを撮りに来たこともあるらしい。全国の寺巡りも。 こういう方と話をするのは楽しい。この方は、若いころ、釣りで俵島あたりに来たことがあるそうで、その時には楊貴妃の里にとても大きな楊貴妃像があったような気がすると言っていたが、今は4mぐらいの像しかなく、大きなものはない。売店の方に聞いても、平成になってから来たので、よくわからないということだった。本当はどうなのだろうか?この方の疑問なのだが、こちらまで、気になってきた。インターネットで調べてみようかな?(実際に家に帰って調べるけれど、それらしき情報はない・・・真相はいかに?)
昼食
 楊貴妃の里は有料かと思ったけれど、無料の公園。その中に東屋もあったので、そこで、本日の昼食をとることに。今回から、ニューアイテム。折りたたみ式のフォーク。
 いつもの食後のコーヒー。これがうまい。
コーヒー
 次に向かったのは、妙見山。この辺りでは高い山だと思い、向かってみた。途中は、激坂を含む上り坂が続く。
 やっと、妙見山公園に到着。風力発電か何基が設置されていた。
妙見山1
 結構広い芝生の公園(ゴルフの練習禁止の看板が立つほど広い)だったが、そこからは景色は見えなかった。奥に小高い丘があり、その上の展望台へ行くと、綺麗な景色が見渡せた。ここが頂上。
妙見山2
 日本海側と油谷湾側両方が見える。
妙見山4
 GPSでは標高273.8mを表示。パンフレット等では275mとのこと。
25
 よく見ると、元乃隅稲成神社も見える。
元乃隅稲成神社
 本日はここまで、下山。途中、道を間違えて大回りをしたが、これも楽しい。スタート地点に戻る。
シエンタ
  本日も楽しく終了~。
コース
 本日のコース55キロ。
 素敵な場所は、いろいろなところにあるもんだ。

島巡り 宗像地島 HPにUP2017年01月30日

 先日行った地島のレポートをホームページにUP。ブログの文章に少し付け加えたり、写真を追加したりした。旅を振りかえることができるので、結構好きな作業。
 レポートはこちら 宗像 地島レポート

地島15


島巡り 宗像 地島2017年01月28日

 久々に週末の天気がよさそう。やらなくてはいけない仕事があるため、土日とも島巡りというわけにもいかないので、土曜日のみ行くことにした。いつものように金曜日の夜出発。夜に中学校区の研修講演会があったので、出発は遅くなり22時50分。今回は、福岡の宗像の地島。昨年大島に行った時に利用した道の駅「むなかた」で車中泊をすることにして、向かったのだが、結構時間がかかった。結局、ついて、眠ることができたのが、深夜2時半ぐらいだった。
前日
 朝は、7時40分にフェリーが出航する。それまでに準備をして、神湊までビアンキで行かなくてはならないので、6時半に目覚ましをかけた。4時間睡眠・・・・。
 何台か同じように車中泊をしている車があったが、さすがに1月下旬、エンジンをかけていた。私は、手作り銀マットのサンシェードがあるので、エンジンをかけなくても大丈夫だった。省エネ、省エネ。
 朝、6時半だと、まだほとんど道の駅には車も人もいないので、顔を洗ったり歯を磨いたりするのは気兼ねなくできた。
 ビアンキで移動し、神湊へ。
神湊
 釣り人多数。
釣り人
 大人370円、自転車150円で、泊までのフェリーに乗る。フェリーの船員は結構ご年配の方が多いのだが、ここは9月に勤め始めたという20歳代の青年が船員の中にいた。自転車を積み込む時などに、島のことを聞いたりして、少し話をしたのだが、さわやかな感じで、好感が持てた。ちょうど、息子たちと同世代だからというのもあると思うが、応援したくなる。がんばれ!青年。
 15分ぐらいで、地島の泊港に到着。ここから、島を散策する。事前に調べていた情報では、一周する道はなさそうなので、往復する感じになる。まずは、島の東側へ向かう。いきなりの未舗装道路。
地島1
 今回、自転車が乗せれなかったら、すぐに分解して輪行バックに入れようと思っていたので、軽いビアンキできたのだが、MTBがよかったと、いきなりの後悔。パンクしないように、路面をよくみながら進む。少し行くと、がけ崩れになっている場所に来て、それ以上は進めなかった。残念。
地島2
 ここで、Uターンして、島の西側へ向かう。殿様波止という昔造られた波止があった。
 厳島神社があったので、そこへもお参り。
地島4
 殿様波止
地島5
 厳島神社
地島3

 島の北側へ向かう。途中、地島小学校があった。児童数も少ないのだろが、フェリーの待合室に漁村留学生のことが紹介されていたので、留学生もいるのだろう。
地島6
 豊岡地区の港が見えてきた。
地島7

 ここの港に小さな鳥居があり、そこからの海もまた、趣があった。こういう場所は好きだ。
地島8

 北へ向かうには、つばきロードを通ることになる。つばきもちらほらと咲いていた。
地島9
 パンフレットだと、遊歩道ということなので、ひょっとしたら、自転車は通行できないかもと思いながら行ってみたが、最後の200mは徒歩でないと行けなかったが、後はずっと自転車もOKな道だった。
地島11

 先端の倉瀬展望台からの眺めは最高だった。特に、すぐ下の岬からつらなる岩の雰囲気がとてもよかった。
地島14

地島12
 すばらしい眺め。癒される~。
地島13

 Uターンをして、今度はこの島で一番高い山、遠見山へ登る。ここも「つばきロード」ということだが、こちらは、少し行くと、自転車では行けなくなり後は徒歩での登山となった。大敷展望台に到着。ここからは北九州方面が見えるということだったが、かすんでいて、遠くはよく見えなかった。残念。
地島16
 その後、山頂へ向かう。登山道はよく整備されていて登りやすかった。
登山道
沖ノ島展望台が遠見山山頂になっていた。
山頂
 標高186m
山頂より
 ここからも遠くはかすんでいたので、沖ノ島は残念ながら見えなかった。この時点で11時。まだ早かったが、恒例の山頂での昼食&コーヒー。至極のひととき。太陽に照らされて、温かいぐらいだった。
昼食
 この雰囲気が好きだ~。
コーヒー

 その後、下山して、11時40分発のフェリーに乗る。
 神湊には12時ごろに到着。道の駅「むなかた」にもどり、駐車のお礼もかねて、お土産を買う。くじらのフライという珍しいものがあったので、それを購入。あと、明太子。
道の駅
 前回も思ったが、ここは、本当にお客が多い。満車になるぐらい人がいる。新鮮な魚介類が豊富にあるのがうけているのだろう。
 帰りは、昨夜の4時間睡眠がきいて、途中、休み休み帰る。車中泊用のベットはそのままだったので、SAで40分ぐらいベッドで寝た。これが気持ちよかった。
 今回も、のんびりと、そして楽しい島巡りとなった。
 夕食にお土産のくじらのフライを食べたが昔給食で出ていたころを思い出した。懐かしい。 
コース
 本日のコース
 島だけだったら20キロぐらい。

寒波到来2017年01月15日

 ついに、益田市内にも積雪。こういう時は、シャッターチャンス。ということで、市内散策。ただ、積雪は思ったより多くなく、雪景色としては、今一つ。生活するのには、積雪が少ない方がいいので、まあ、よかったかな。
雪1
 万福寺雪化粧 
雪2
 二川まで行くと、結構な雪
雪3
 医光寺の雪