ホイールのグリスアップ2017年01月22日

 今日も、メンテナンス。ホイールのグリスアップを試みることにした。
 まずは、フロントから。割と簡単に分解することができたが、肝心のベアリングは、シールドされていて、それ以上分解できそうもなかったので、ゴミなどをとり、綺麗にしてふたたび、グリスをつけて、組む。
メンテ1
フロントから
メンテ2
軸を抜き、綺麗にする
メンテ3
ベアリング部分はこんな感じになっていた。
メンテ4

 後ろも、同じように、ベアリング部分は、シールドになっていて、やはりボールにはたどりつけなかったが、綺麗にしてグリスをしっかり塗って終了。ひょっとしたら、もう少し分解できるのかもしれないけれど、この前のFAS製のBBのこともあるし、これでよしとしよう。
メンテ5
 リヤのグリスアップ
メンテ6
 結構汚れていた
メンテ7
 真っ黒
メンテ8
 綺麗に綺麗に
メンテ9
 こんなになっていた
メンテ10
 ここも、汚れている
メンテ12
 綺麗にして
メンテ13
 ここも
メンテ14
 再び組み立て~
メンテ15

 今日は、ピナレロに乗る予定だったが、ホイールのグリスアップもしたし、クランクを逆に回すと、チェーンがときどき外れるという症状があったので、チェーンのこまを二つほど短くしてみたこともあったので、再びビアンキで20キロ走ってみた。チェーンが外れる症状はほぼ改善。ただ、フロントをインナーにした状態だとリヤのギヤが一番内側だといいのだが、それより一つ、2つ外側になるとガチャガチャと勝手に変速してしまう。(スタンドの上だと勝手に変速はせず、正常なのだが、踏み込んで坂を登るような時に勝手に変速してしまう)微調整が必要か、それとも他に原因があるのだろうか。ロードバイクのメンテは難しい。

メンテナンス続き2017年01月21日

 メンテナンスの続き。ピナレロのBBだけでなくビアンキのBBも交換することにした。ビアンキは『つぎはぎ日本一周』で使用しているため、ピナレロよりも距離を乗っているかもしれない。BBもどことなくゴリゴリしているようにも感じていたので、今回交換することにしたのだ。  
  まずは、ピナレロ。
メンテ1
グリスを塗って、BBを入れる。
メンテ2
ホローテックⅡの締め付けには専用の工具がいるのだが、現在のは、さらに大きさが小さくなっていて、BBそのものに、アダプターが付属していた。これを使って、BBの締め付けをする。しっかりとりつけることができた。
メンテ3
いよいよ、クランクを入れるのだが、FSA製のBBの時にはすんなり入ったのだが、デュラエースのBBにクランクの軸がなかなか入らなかった。
メンテ4
結構力を入れて、押しこむとやっと入り、その後、逆側のボルトで締め付けをすることで、きっちりとした位置にはまった。今度メンテナンスで取り出すのはちょっと苦労しそう。
メンテ5
 クランク無事装着。
メンテ16

 次はビアンキ。ビアンキに使用しているクランクは、スクエアタイプのBB。工具もまた違う。外のふたのようなものを取る専用工具、軸から外すための専用工具など、ちょっと複雑な工程があるのだが、まあ、一度やれば慣れる。以前も何度かやっているので、これもすんなりと交換終了。
メンテ6
 軸から取り外す
メンテ7

メンテ8
 BBを外すのも専用工具が必要。
メンテ10
 やはり、結構よごれていた。
メンテ11
 綺麗に掃除。
メンテ9
 新しいBBに交換。
メンテ14
 交換完了。
 ビアンキは、ブレーキケーブルを先日交換していたので、今日は、シフターケーブルの交換もした。シフトチェンジをするときにときどき止まるようなことがある。なおるといいけど。
メンテ12
 シフターケーブル。
メンテ13
 途中でほつれていた・・・シフトチェンジの違和感はこれが原因。 
メンテ15

 ビアンキの状態を確認するために、トレーニングコースを乗ってみることにした。外に出て、少し進んだ時、タイヤに違和感が・・・・。ときどき起こっていたリアのタイヤがずれるという現象が起こったのだ。クイックリリースをきつく締め直せば、もとに戻る。クイックリリースを力を入れて、締め直そうとしたその瞬間・・・・・・・ボキッ! 
クイック1
なんと、クイックリリースの留め具が折れてしまったのだ。これはもうどうすることもできない。近くだったのでリアのタイヤを担いで家にもどる。
クイック3
 折れてしまった~
クイック2
 幸い以前のクイックリリースがあったので、それと交換して、すぐにまた外に出て確認。20キロほど走ったが、いい感じ。メンテは成功というところか。ただ、クイックリリースの劣化が気になる。他のクイックリリースも同じような時期のもの。
 クイックリリースが壊れて、少々ショックを受けたが、タイミングとしては、一番よかったのではないかと思う。これが、『つぎはぎ日本一周』中だったり、ロングライドの途中に壊れたりしていたら、それこそ途方に暮れるところだった。家の近くだったから、すぐに帰ることもできたのだ。
 クイックリリースの交換と、ホイールのグリスアップも必要だ。
 明日は、ピナレロのBBの確認をしよう。晴れてくれるといいのだが・・・・。
コース
 本日のコース

はやっ!!2017年01月16日

 土曜日にピナレロのメンテナンスですったもんだして、注文したデュラエースのボトムブラケットがもう届いた。早い!!
 今日は、体操教室だったりして、時間がないので、メンテナンスは後日だけれど、写真ほどUP。
BB1
 便利な世の中になったものだ~
BB2



ガーン 失敗・・・2017年01月14日

 今週末は、大寒波到来。ということで、おとなしく、ロードバイクのメンテナンスをすることにした。まずはボトムブラケットをはずして、グリスアップをしようとしたのだが・・・
 インターネットで、ボトムブラケットのグリスアップの動画などを見て、自分でできると思っていたのだが、インターネットの動画はシマノのボトムブラケットで、自分のは、はずしてみたらFSA製だった。一瞬不安がよぎったが、まあ、同じような構造だろうと思い、動画と同じように、キャップなどをとっていた。しかし、右側のキャップがなかなかとれず、苦戦していた。動画でも、ぐるぐるまわしながら、取っていたので、同じようにやるが、なかなか、もう少し力を入れないととれないのか?と思って、力を入れたら、・・・・なんと、パッキ!という音と共に、キャップが割れてしまった。外側のキャップなので、ここが割れると、水や土などがボトムブラケットの中に入ってしまう、かといって、瞬間接着剤でも、無理そう。ということで、FSA製ボトムブラケット終了~。一気に、メンテナンスのモチベーションが下がってしまった。
 仕方がないので、すぐに、インターネットで、ボトムブラケットを注文。今度は、シマノのデュラエース。イタリアン70mm。値段は、デュラエースにしてはまずまずの、3498円。届くまでに2~3日はかかるだろうから、それまで、ピナレロは封印。まあ、寒波が来ているし、乗ることはなさそうなので、よしとしよう。
 本当は、ヘッドパーツもはずしてグリスアップをしようかと思っていたのだが、モチベーションがた下がりなので、ピナレロとビアンキの清掃だけして、今日のメンテナンスは終了。
 
メンテ1
BB周り汚れが・・
メンテ2
ギヤ側も・・・
メンテ3
 クランクをはずし
メンテ4
 ここも結構汚れが・・
メンテ5
 こんな感じ
メンテ6
 BBをはずす
メンテ7
 中のグリスは思ったほど汚れていない
メンテ8
 ギヤ側もはずす
メンテ15
 フレームの中の汚れ・・・
メンテ9
 中の汚れを取り除き、綺麗に
メンテ10
 BBの外側の汚れ
メンテ11
  綺麗にする
メンテ12
 左側のキャップはすぐに取れたが、その中にシールドが・・・これがなかなか取れない。
メンテ13
 ギヤ側のキャップがなかなかとれず、力を入れたら・・・・ガーン割れた。終了~。
メンテ14
 FSA製のBB逝ってしまった。 大失敗。

 デュラのBBを即注文。届いてから、メンテの続き~。

雨の日にはメンテナンス2016年12月23日

 昨夜は忘年会。遅くまでやっていたので、さすがに今日は、島巡りはやめにした。天気もあまりよくない。こういう日には、普段できないメンテナンスをすることにした。
 島巡りをするようになって、MTBをよく乗るようになった。島の道は状態が悪いところが結構あったり、坂がきついところがあったりするからだ。MTBは13年前に購入したグレートジャーニーというもの。13年の間、ほとんどそのままの状態で乗っていたので、いろいろなところに不安な部分が出てきていたのだ。ブレーキのシューなどは何度か交換したのだが、それ以外はほとんどノーマル。そして、再びブレーキから異音が出るようになった。シューの交換時期ということで、シューを購入しようとしたら、ブレーキ自体が結構安く出ていたので、ブレーキごと交換することにした。(シューだけで1000円ぐらいするのだが、ブレーキが1980円で出ていた)グレートジャーニーはコンポはアリビオなのだが、ブレーキだけテクトロだったので、同じアビリオを購入。ついでに、ブレーキワイヤーも交換することにした。
メンテ
 13年前に購入。
メンテ1
 ブレーキ交換
メンテ5
 テクトロ製Vブレーキ
メンテ2
 アリビオのVブレーキ購入。
メンテ3
 こんな感じ。
メンテ4
 交換作業中
メンテ6
 交換完了。 これで、コンポはすべてアリビオ。うん。いい感じだ。
 今後、サドルやタイヤ、シフトワイヤーなども交換する予定。