ガーン 失敗・・・2017年01月14日

 今週末は、大寒波到来。ということで、おとなしく、ロードバイクのメンテナンスをすることにした。まずはボトムブラケットをはずして、グリスアップをしようとしたのだが・・・
 インターネットで、ボトムブラケットのグリスアップの動画などを見て、自分でできると思っていたのだが、インターネットの動画はシマノのボトムブラケットで、自分のは、はずしてみたらFSA製だった。一瞬不安がよぎったが、まあ、同じような構造だろうと思い、動画と同じように、キャップなどをとっていた。しかし、右側のキャップがなかなかとれず、苦戦していた。動画でも、ぐるぐるまわしながら、取っていたので、同じようにやるが、なかなか、もう少し力を入れないととれないのか?と思って、力を入れたら、・・・・なんと、パッキ!という音と共に、キャップが割れてしまった。外側のキャップなので、ここが割れると、水や土などがボトムブラケットの中に入ってしまう、かといって、瞬間接着剤でも、無理そう。ということで、FSA製ボトムブラケット終了~。一気に、メンテナンスのモチベーションが下がってしまった。
 仕方がないので、すぐに、インターネットで、ボトムブラケットを注文。今度は、シマノのデュラエース。イタリアン70mm。値段は、デュラエースにしてはまずまずの、3498円。届くまでに2~3日はかかるだろうから、それまで、ピナレロは封印。まあ、寒波が来ているし、乗ることはなさそうなので、よしとしよう。
 本当は、ヘッドパーツもはずしてグリスアップをしようかと思っていたのだが、モチベーションがた下がりなので、ピナレロとビアンキの清掃だけして、今日のメンテナンスは終了。
 
メンテ1
BB周り汚れが・・
メンテ2
ギヤ側も・・・
メンテ3
 クランクをはずし
メンテ4
 ここも結構汚れが・・
メンテ5
 こんな感じ
メンテ6
 BBをはずす
メンテ7
 中のグリスは思ったほど汚れていない
メンテ8
 ギヤ側もはずす
メンテ15
 フレームの中の汚れ・・・
メンテ9
 中の汚れを取り除き、綺麗に
メンテ10
 BBの外側の汚れ
メンテ11
  綺麗にする
メンテ12
 左側のキャップはすぐに取れたが、その中にシールドが・・・これがなかなか取れない。
メンテ13
 ギヤ側のキャップがなかなかとれず、力を入れたら・・・・ガーン割れた。終了~。
メンテ14
 FSA製のBB逝ってしまった。 大失敗。

 デュラのBBを即注文。届いてから、メンテの続き~。

コメント

_ koji ― 2017年01月14日 21時52分38秒

シマノを分解した事がありますが シール部分の分解は難しいですね 分解出来ても変形してしまって元通りになる可能性は低いと感じました。

安いパーツなので消耗品と思ったほうが良さそうです

_ ハマ ― 2017年01月14日 23時13分42秒

 今回は、FSA製だったのですが、大失敗でした。そうですねに消耗品という位置づけで、ついでにビアンキのBBも注文しちゃいました。これも安く、1900円ぐらいでした。
 ヘッドパーツもメンテをしなくてはいけないと思っているのですが、今回のこともあるし、多少不安がでてきました・・・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hamamytracks.asablo.jp/blog/2017/01/14/8322785/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。