第5回INAKAライド2016年09月04日

 突然発生した台風のため、開催が危ぶまれた第5回INAKAライド。台風の速度が予想以上に遅くなったため、やる方向で、昨日から準備をして、本日を迎えた。
 本日の集合時刻はなんと、グラントワに朝の4時半。早っ!
1
幸い、その時点では雨は降っておらず、予報でも、降っても小雨ということで、ひと安心。最終の準備をして待機。続々と参加者がやってくる。
2

 雷などの心配により、160キロコースはショートカットコースに変更してのスタートとなった。
 変更などのために、少し遅れ、7時15分にスタート。
 町中のパレード走行を終え、いよいよ空港の中へ。滑走路を500台のロードバイクが走るという日本でもここだけの光景。ちょうど、雲の間から太陽も出て、すごく綺麗だった。この経験ができるだけでも、INAKAライドに参加する価値があると思う。私自身も、滑走路を走るのは初めてで感激した。
3

 今回の役は、160キロコースのサポートとしての参加だが、こうした経験ができ、ありがたかった。 
 空港を出て、持石海岸を通る。ここの景色もきっと参加者にとっては、思い出となる景色だと思う。海岸線をすごい数のロードバイクが進む光景も、なかなかのものだ。
 その後、二条のエイドステーション。本来ならば、ここまでに、激坂の白杭峠が入っていたのだが、カットになった区間。内心ほっとした。
 こうしたイベントの楽しみの一つにエイドステーションでの食事、これの善し悪しがイベント全体の印象に結構関係していると思う。で、今回のエイドの内容は、とってもよかったように思う。エイドは、二条、横田、匹見、美都、真砂。ソフトクリームがあったり、杏仁豆腐があったり、ソーメンがあったり、バナナ、トマト、ゆずゼリー、いなり、豆腐、もちろん飲み物も。昼食もかきあげ、そば、わさびご飯、梨など。充実していた。うまかった~。
4

5

6

7

8


 たまたま、だったのかもしれないけれど、話を聞いた参加者は全員県外の方だった。一番多かったのが、山口県からの参加、次は北九州からだった。
 美術館と劇場の複合施設であるグラントワがスタートとゴールになっているのだが、第5回目を迎えると、これが違和感なく、とても絵になっている。最初、グラントワの中庭にロードバイクを入れると聞いて、とてもびっくりしたことを覚えているが、今ではこれは大成功だったと思う。
9

 沿道で、長い時間手をふってくれた地元の方々のあたたかさ、グラントワにゴールをした時、スタッフや観客の方の拍手や大声援、こうした気持ちがサポートとしての参加ではあったが、とてもうれしかった。きっと参加者も同じことを思っているのではないかと思う。
 
10

 
 空港を走ることができるし、海岸線、川沿い、渓谷とコースもいろいろな表情を見せてくれるINAKAライド 手前味噌になるが、なかなか素敵なイベントだと思う。
 「みなさん、来年も待っています!」
 


久々のシーカヤック 宇田~清ケ浜2016年09月11日

 久々のシーカヤック。今日の波予報は、1mという予報もあれば、1.5m~2mという予報もあった。まあ、許容範囲ということで、チャレンジすることにした。実際に波の感じを見て、最終決定すればいいのだ。
 本日の予定コースは、前回行った宇田~阿武まで。いつものように、最初に阿武に行き、ロードバイクを置いておき、再び宇田にもどり、シーカヤックの準備をした。実際に見た波の様子は、沖はそれほどではないが、波打ち際が、多少白波がたっていた。まあ、これなら大丈夫ということで、スタート。
1
やはり、波予報にばらつきがあったが、漕いでみると、やや波が高い。まあ、それでも危険な感じはしなかったので、最初は、いい感じで進む。
2
                                ウミネコがたくさんとまっていた
 
 沖に、姫島という島がある。最初は波もあるし、行くつもりではなかったのだが、近づいていくと、案外すぐそこのように感じ、方向を変え、姫島を目指す。
3
小さな神社があり、いい感じの島だ。
4
姫島は二つの島からなっていて、その間を通ってみる。
5
こういうところを通るのは面白い。島のかげになって、それほど波はなかったのだが、島の日本海側に出ると、結構な波。その波をクリアしつつ、進む。姫島をすぎ、一旦岸に近づこうかとも思ったが、今度は野島が見えてきた。ここにも寄ってみようかと思い、岸に近づかず、野島方面へ進む。
6

 この辺りから、急に船酔いが出始めた。最初は、それほどでもなかったのだが、進むにつれ、本格的に気分が悪くなってきた。過去最高の船酔い。考えてみると、昨夜、遠足前の子どものように、今日のシーカヤックのことでわくわくして、あまり寝れず、結局寝たのは2時すぎで、寝不足というのもあるし、真夏の時には、ピッチリとしたウェットスーツの上ではなく、ラッシュガードで、ゆったりしていたのだが、今回は、ウェットスーツにして、上半身が窮屈な感じということ、前回船酔いしたときもそういえば、朝食にカフェオレで、ミルクが入った飲料だったのだが、今回も、カルピスウォーターを飲みながら漕いでいた。どうも、酔う時は、ミルク関連の飲料の時が多い気がする。それら複数の要因からか、本当にきつくなってきた。氷水を首筋にかけると、船酔いが一変で治るという、ナイトスクープネタがあるのだが、氷水はないので、海水を首筋にかけたり、頭からかけたりしながら、だましだまし進んでいった。それでもなかなかよくならなかったので、もうひとつの方法をやってみることにした。それは、エスキモーロール。前回、ほぼできるようになっていたので、これをすることで、体全体を冷やせるのではと考えたからだ。で、岸からだいぶ離れているところではあったが、思い切ってやってみた。エスキモーロール3回ほど。今回も成功。多少、気分がよくなったように思えたが、果たして本当に効果があるのか、ないのか。エスキモーロールをしたら、キャップと、ペットボトルがなくなっていた。探すと、ぷかぷかと浮いていた。助かった~。回収して、野島を目指す。少しの間、復活したかに見えたが、再び船酔い状態。今度こそ、本格的、漕ぐのさえも、きつくなってきた。ついには、手もしびれるような感じに・・・本当は、阿武まで行きたかったのだが、とても、この状態では無理と判断し、清ヶ浜が見えたので、そこに上陸することにした。だが、漕ぐのがきつい・・・・。漕いでは休み、漕いでは休みの繰り返し。ただ、休んでいる時も波があるので、酔いは治る感じではなかった。そして、ついに、ついに、マーライオンのように、リバースしてしまった。
 へろへろになりながら、清ヶ浜へ。悪いことに上陸直前に大きい波がきた。カヤックが横になっていたので、その波をもろにうけ、転覆。それでも、エスキモーロールで、復活したのだが、体力もそこまで。なんとか、上陸。(この時、買ったばかりのサングラスが海の中へ・・・・残念)
7
前回酔った時も、寝たら治ったので、今回もすぐに横になる。10分ぐらい、寝ただろうか、再び起きるのだが、やはり、気分はよくない。それどころか、再びリバース。今回は、ここで、断念することにした。とても、この後、カヤックをする気になれないくらい、船酔いがきつかったのだ。阿武にロードバイクを置いているのだが、ここから、徒歩で阿武に行くか、宇田に行くかして、カヤックをとりにこようと考えた。スマホの地図を見ると、どっちも距離的にはかわらないような気がしたので、ロードバイクに乗るのが省けると思い、スタート地点の宇田まで歩いて行くことにした。
8
    この辺りの景色もいい感じ。
9
       

結局、8キロを2時間かけて、宇田まで帰り、シーカヤックとロードバイクを回収した。
10
  砂がついた衣服や、カヤックには、ブラシが大活躍。これがないと、車が砂だらけ。
11
車で清ヶ浜から阿武まで距離をはかったら、4.5キロぐらいで、実は、こちらの方がだいぶ近かった。地図で見た感じだと、あまり変わらない気がしたのに、なぜ?
 徒歩で、8キロ歩いたら、気分もよくなり、完全復活。
 それにしても、カヤック乗りが船酔いとは、しゃれにならん。なんとかしなくては!
 まずは、前夜は早く寝ること!
     できるだけ、リラックスできる服装!
     ミルク関係の飲料を飲んで乗らない。
 ぐらいかな?

コース
 本日のコース
 本日は シーカヤック自体は楽しかったのだが、体調が・・・・。

シーカヤック 清ヶ浜~長門大井2016年09月15日

 本日は、運動会関係の振り替えでお休み。前回、船酔いで、中途半端で終わってしまっていたシーカヤックのリベンジをすることに。今日の波予報は1.5mのち1mというもの。まずまず。
 前回は阿武をゴールに設定していたのだが、今回は、清ヶ浜までは行っているので、ちょっと先の長門大井にすることにした。カヤックが上陸できて、車も停められるという場所を探すのはなかなか大変なのだが、グーグルアースで調べておおよその目星をつけてから行くのであるが、今回もばっちり。長門大井の大井港浜。ここに、ロードバイクを置いておき、清ヶ浜で、シーカヤックの準備をし、スタート。波打ち際はやや大きな波が打ち寄せていたが、垂直に出艇すれば、問題なし。スムーズなスタートとなった。
2

 前回船酔いになった原因と感じていた、ウエットスーツの上をラッシュガードにかえ、窮屈感は全くなく、快適。昨夜も早めに休み、体調も万全。ミルク系の飲料も飲んでいない。ただ、ウエットスーツは、途中で、シュノーケリングをしたいので、荷室に入れておいた。
 さて、まず目指したのは、前回寄ろうとして、へろへろになりそれどころではなかった、野島。
3
前回は、船酔いで力が入らず、遠く感じたのだが、今回は、すんなりと到着。やはり、体調管理はとても大切だ。野島には、神社があったので、カヤックの上からだが、安全祈願をした。
3‐2

 野島から再び岸に近いところを目指し、進む。平日だからなのか、漁船が何艘も停泊して貝などを採っていた。
 少し行くと、特徴的な岩が。ろうそく岩のよう。岩の近くはやや波が高かったが、行ってみることに。やはり、とても綺麗。カヤックならではの贅沢な景色だ。
4

 岩の中に、丸い岩がいくつも埋まっているような岩が見えてきた。この模様もなかなか面白い。
5

6

 ホルンフェスルのような模様があるがけもあった。
7

 岩と岩の間に岩が落ちてきて、屋根のようになっているところ。これも、面白い。 
8

9

10

 岩にあいた穴の向こうにうっすらと景色が見える、面白いところを発見。これも珍しい。
11

 今日は、船酔い対策がばっちりだったからか、うねりも結構あったのだが、全然船酔いにもならず、とても快適に進む。爽快そのもの!
12

 阿武の道の駅が見えてきた。
13
ここには上陸せずに、ちょっと沖にある、男鹿島に上陸することにした。この島にも、神社があるのと、陸地から見てとても素敵な島だったので、前々から気になっていたのだ。上陸して、神社にお参りする。島にある神社なので、小さい祠のようなものと思っていたのだが、想像以上に立派な神社だった。
14

15

 ここで、ウェットスーツに着替え、シュノーケリングを楽しむ。まだ、海水は冷たくなく、とても気持ちよかった。カヤックにこれが入ると、気分が変わってまた、楽しい。
 昼食も、弁当を買ってきていたので、ここで食べることにした。また、体調もよかったので、久々に、お湯を沸かし、カップ麺とコーヒーもいただくことにした。ただ、弁当とカップ麺を食べたところで、満腹になってしまったので、コーヒーまでお腹に入る感じがしなかった。そこで、腹ごなしに、エスキモーロールの練習をすることにした。
 前回も、酔いながらも、沖で成功していたので、安心して少し油断があったのか、何回か失敗し、沈脱した。ただ、沈した状態で、再び、カヤックに入ってロールをしてリカバリー。これができたので、よしとしよう。
 陸にもどって、コーヒータイム。この時間もいい。
16

 再び出発。男鹿島のすぐ横に女鹿島があり、ここにも神社があった。
17
とっても絵になる。
18

18
 以前ロードバイクで一周した大島が見える。カヤックでも行けそうな距離。
 その後、鵜山岬をすぎ、本日のゴール大井港浜に到着。
19

21

21
  陸から見た男鹿島、女鹿島

 ロードバイクで、清ヶ浜までもどり、車で、再び大井港浜へ行き、カヤックを回収。
23

24
 しっかりメンテ。
 
 
1
 本日のコース   約14キロ。

 海をしっかり満喫!

シーフラッグ作成2016年09月18日

 本日は運動会の予定だったが、雨のため中止。一日ぽっかりと空いてしまった。そこで、今度シーカヤックのイベントに二つ参加するので、たぶん必要であろう、シーフラッグを作成することにした。メーカー製のを購入すれば、4500円ぐらいするものだ。
 材料はいろいろ考えた末、捨てる予定だった壊れたつり竿ということは決定して、どうやって、シーカヤックに立てるかをホームセンターによったり、100均によったりして考え購入した。思考錯誤しながらなんとか完成。少々ゆらしても、倒れるようなことはない。これで、大丈夫だろう。
 ちなみに、材料は、 旗・・・オレンジ色のバックをカットして利用。108円
           台座・・・イレクタージョイント 264円
                イレクターパイプ   118円
                カット代        20円
           固定する用具   マジックテープつきバンド 216円
                           合計726円


シーフラッグ1


シーフラッグ2

 ちなみに参加予定のイベントとは、油谷湾シーカヤックフェスティバルと大山シーツ―サミットの二つ。楽しみだ~。   
          

プランター菜園作業2016年09月19日

 本日も雨。明日朝台風が直撃ということで、緊急招集があった。スマホを確認するのが20分ぐらい遅れていたので、学校に着いた時には、すでに作業終了。申し訳ない。運動会のために準備していたテントなどを片づける作業だったのだ。

 その後、雨ということで、どうしようかと思ったが、ずっと放置していたプランターを整理し、キャベツと白菜の苗を植えることにした。この夏は、キュウリとミニトマトができ、食卓を飾ったのだが、キャベツと白菜ははたしてうまくいくか?
キャベツ
  キャベツ~
白菜
 白菜~