カヤック&ライド 高津川河口~三隅火電2016年07月31日

 カヤック版 『つぎはぎ日本一周』?? まあ、無理だとは思うけれど、つぎはぎできそうなところは、無理せずやってみようと思っている。ということで、本日も波予報は50センチ程度という凪。前回高津川河口から西へ行ったので、今日は東へ。大体20キロ程度がちょうどよい感じだったので、三隅の火電のところへ最初にロードバイクを置く。
7311
その後、高津川河口へ。予報通り、超凪。
7312
 先週以上に凪
7313

 今日は、風に押されているような感じで、結構すいすい進むという印象。益田川の河口、久城の海岸線、鵜の鼻古墳群と海から眺めながら進む。
7314
 
 津田の街並み、夏真っ盛りなのだが、それほど、海水浴客は多くない。
7315

 津田を過ぎて、大浜漁港、そのあと、少し行ったところで、1回目の休憩。
7316

 休憩といっても、前回気持ちよかったシュノーケリングをするために上陸したようなところもある。これが気持ちいい。ウエアラブルカメラのおかげで、水中撮影もでき、これが面白い。
 12時にはまだ早かったのだけれど、お腹が減ったので、弁当。
 
 再びスタート。鎌手の唐音へ向かう海岸線も岩場になり、いい感じ。冬から春にかけての水仙が有名な蛇岩の近くを通る。
7317

7318

7319

73110

 この後も、面白い岩があちこちに。
73111

 波は穏やかでのんびりと・・・気持ちのよい海上散歩といった感じ。荒磯の手前に奇岩に囲まれた細い水路のようなところがあったのだが、ここは水の透明度もすばらしく、この景色を見ることができただけで、今日は来たかいがあったといった感じだった。
73112
 水が綺麗~
73113

 土田の海岸は、益田の中では一番海水浴客がいるのではないかと思う。遠目からだが、結構にぎやかそう。夏はこうでなくては。
73114

 三隅の火電に向かうまでの海岸線もいい感じだ。ところどころ、寄り道して景色を楽しんだ。
73115
 穴があると、つい近寄ってしまう。
73116

 火電の巨大煙突が見えてきた。
73117
いよいよ、本日もあと少し。前回同様、この時間がもったいなくなってしまい、もう一度手前の浜に上陸した。
73118
 当然、ここでもシュノーケリングを楽しむ。
syuno-kerinngu
 水中での撮影が面白い。
syuno-kerinngu 2

 久々にカップ麺とコーヒー。暑い夏に、暑いものもなかなかいい。
73119

73120

 上陸したところが、いい感じの湾になっていたので、ここで、エスキモーロールの練習をすることにした。油谷で練習して以来なので、超久々だ。できるかどうか本当に不安で、今まで挑戦することすらしなかったのだが、この技術はやはり習得しておくべきもの、決心してやってみることにした。
 シュノーケリングの用具をつけて、沈しても何度か挑戦できるようにして行った。
 緊張の第1回目。・・・・みごと失敗。やはり、久々なので、こつが今一つ思い出せない。
起き上がる前に再び水没するという感じだった。それでも、シュノーケリングの用具があるので、何度か挑戦するも、なかなかできず、一旦上陸。
 カヤックの中に入った海水を抜いて、もう一度海へ。再び失敗。何度も何度も挑戦したせいか、カヤックの前の部分にも大量の海水が浸入し、カヤック自体が前に沈みかけたので、再び上陸。海水が入らないようにする対策が必要だ。今回は練習で、何度もさかさになった状態だったから浸水したものと思われるが、荒れた海などで、浸水したらたまったものではない。カバーを自作するなどして、これだけはなんとかしようと思う。
 海水を抜いて、3回目の挑戦。パドルの使い方をなんとなく思い出して、持ち変えてやってみたら、見事成功。1回だけでは心配なので、もう一度やってみるが、これも成功。達成感あり。ただ、たまたまが2回という感じで、できるという自信はまだない。また、練習しよう。今日は、2回できたといういい気持ちのまま終了。
 火電が見える漁港に入る。スロープ式になっているところがあり、カヤックにはありがたい。
73122

 ここから、ロードバイクで、高津川河口まで行く。前回同様、河口で、ロードバイクを積み、再びカヤックのもとへ。そこで、カヤックも積み、終了。
1
 高津川河口。
4
 カヤック&ロードバイク。
 当然、家でのメンテはその日のうちにしっかりとする。
2

 あ~やっぱり今日も楽しかった~。
 
ko-su

カヤック 16.62Km  ロードバイク 19.44Km 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hamamytracks.asablo.jp/blog/2016/07/31/8143708/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。